ドル円月足のローソク足10年分を手書きしました!

FXの基礎
img_6039

先日Lumiさんも記事に書いていたのですが、今Fカレメンバーでは、ローソク足を手書きするというワークをやっています。1週間ごとに宿題にして、実際のローソク足を手書きするというシンプルなこと。具体的には、チャートやヒストリカルデータをみながら、方眼用紙ににローソク足を一本ずつ書いていくという作業です。

シンプルですが、これはとーーーっても有意義なワークでもありますのでお勧めします。

月足10年分を手書きして感じたこと

①データ(数値)で見るのとローソク足で見るのとでは、感じ方が違う。

②ドル円は下落トレンドの時、何回か上昇トレンドを発生させながら、しっかり下落する

③イベント時は価格変動が明らかに大きい。

 

どれも当たり前の事かもしれませんし、そんなの手書きしなくてもわかるよーって言われそうですが、やはりやる前とでは感じ方が違います。月足が終わったこれからも週足、日足、時間足、そして別の通貨のローソク足を書いていきます。書いていくことでいずれ突き抜けた何かがわかる気がします。(というか、突き抜けた何かがわかるまで書き続けるというのが正しいでしょうか。)

書きながら、ローソク足の傾向やパターンを自然と覚え、次のローソク足を予測しながら、答え合わせをするかのように書き進めると理解が深まるようです。まだまだ難しいですがこれからも頑張ってみます!

The following two tabs change content below.
mako

mako

Fカレ総合プロデューサー/ FXトレーダー歴3年目 / 長期投資中心のスタイルです。日足、週足でエントリーすること多し。安全性高く、リスク管理を最優先。大きく勝つことよりも負けないトレードスタイルが特徴です。 よろしくお願いいたします。