円高と円安

FXの取引をしたことがない人でも「円高」や「円安」という言葉を聞いたことがありますよね。まずは「円高」「円安」という言葉に慣れ、馴染むことから始めましょう。

 

6.円高と円安

1ドルが100円から95円になるのが円高です。ドルに対して円の価値が高くなったので円高と言います。

逆に、1ドルが95円から100円になったら円安です。ドルに対して円の価値が低くなったので円安と言います。

  • 1ドル=100円→1ドル=95円というように、数字が減っているのに円高、
  • 1ドル=95円→1ドル=100円というように、数字が増えているのに円安。

これを理解することが、為替取引をするのに大切になってきます。

 

円高の影響

日本は輸出の盛んな国ですよね。特に自動車やその部品などが主力です。

外国に物を売ると、お金は円ではなくドルなどの外貨で受け取ります。その外貨を円に交換しないと、社員さんにお給料を払ったり、国内での仕入れを行えません。

その時の為替レートが円高か円安かで、企業の収益が大きく変わってくるのです。

例えば・・・

1ドル120円の時 → 2万ドルの自動車は → 240万円で売れる

1ドル100円の時 → 2万ドルの自動車は → 200万円で売れる

輸出が盛んな日本は、利益が少なくなってしまうので円高を嫌う傾向が強いです。

 

円安の影響

反対に、輸入する会社にとって円安は大きな問題です。

日本は原油やLNG(液化天然ガス)、衣類や石油製品を主に輸入しています。洋服屋さんが輸入した時、円高と円安ではどうなるかみてみましょう。

1ドル120円の時 → 10ドルの洋服の → 仕入れ価格は1200円

1ドル100円の時 → 10ドルの洋服の → 仕入れ価格は1000円

このように、円安が進むと洋服屋さんは値上げを余儀なくされます。

 

2つの国のお金の価値が変動すると、私たちの生活(物の値段)に直接影響してきます。

FXは、この変動する動きを利益に変える取引です。


【本日のまとめ】

①円高では、輸出業者の利益が少なくなるので大変。

②円安では、輸入業者の原価が高くなるので大変。

③円高でも円安でも、FXでは利益を出す事ができる。

The following two tabs change content below.
nao

nao

なを@専業トレーダーの卵です。FXを始めて1年半。まだまだたくさん勉強する事があります・・・!/Fカレ主催者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です