通貨ペア

FXの基礎

FXは取引対象について「通貨ペア」という言い方をします。どうして「ペア」になるのでしょうか?

9.通貨ペア

「ドルを買う」とか「ドルに交換する」といいますが、何を売ってドルを買っているのでしょうか。

日本にいれば円を売ってドルを買っている取引の事ですね。この組み合わせの事を「通貨ペア」と言います。

例えば「ドル/円」の通貨ペアは、スラッシュ(/)の後ろに来る「円」を売って、スラッシュ(/)前の「ドル」を買う取引の事を指します。

 

日本にいると、「○○/円」つまりドル/円とクロス円の取引だけしかできないのでしょうか?

そんな事はありません。日本にいても、外貨同士の通貨ペアを取引してもいいのです。

「豪ドル/ドル」「ユーロ/ドル」「ポンド/ドル」などの組み合わせがあります。外貨同士の取引も、世界のあちこちで日常的に行われています。

ただし、主要な通貨以外の交換は少ないのです。ドル、ユーロ、円は、アメリカ、ヨーロッパ、アジアを代表する主要な通貨なので、その取引量は他の通貨よりも圧倒的に多いです。

そのため、ドルとの通貨ペアや、ユーロとの通貨ペアをたくさん取り扱っている証券会社が多いのです。

 

FXの通貨ペアで「ユーロ/ドル=1.3」と表示されている場合、「1ユーロ=1.3ドル」を表しています。

スラッシュ(/)の右側の通貨を、スラッシュ(/)の左側の通貨単位で表したレートが表示されているのです。

ドル/円=100   →   1ドル=100円

ユーロ/円=130  →   1ユーロ=130円

ポンド/スイスフラン=1.45  →  1ポンド=1.45スイスフラン

「ドル/円」の買い  →  円を売ってドルを買う取引

「ユーロ/ドル」の売り  →  ユーロを売っドルを買う取引


【今日のポイント】

・日本にいても「ユーロ/ドル」のような外貨同士の取引が出来る!

The following two tabs change content below.
nao

nao

なを@専業トレーダーの卵です。FXを始めて1年半。まだまだたくさん勉強する事があります・・・!/Fカレ主催者