先週の指標ラッシュに続き、12月5日は、イタリア国民投票や米国ISMの発表がありました。今週はドラギ総裁の発表を除くと、そろそろFOMCまで材料出尽くした感があります。そこで気になるのは、トランプラリーで続くドル円はどこまで上がるのか?暴落はあるのか?ということでしょうか。チャートごとに検証していきます。

週足

%e9%80%b1%e8%b6%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e5%86%86

上昇トレンドが5週にわたって続きました。一つのトレンドは、3-6週ほどなので、時期的にも上値の領域です。上髭2本続いているのも、トレンド転換の合図かもしれないです。また、MACDもかい離が高止まりしてきました。そろそろ減少傾向に入るでしょうね。

日足

%e6%97%a5%e8%b6%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e5%86%86

MACDがデッドクロス直前までやってきました。また、ローソク足が5日線を下回り始めました。もう2-3日で本格的な売りサインが出てきそうです。

1時間足

60%e3%81%b5%e3%82%93%e8%b6%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e5%86%86

緩やかに情報トレンドは続いています。目指すは114.7ですが、ここまで上昇せずに1日が終わったらショートでエントリー濃厚です。理想は、114.7でショートです。

15分足

15%e5%88%86%e8%b6%b3

114円がポイントとなる価格です。ここを抜ければ上昇&下落の勢いがついていますね。安全に行くなら日足の状態を見ながら114円でショートでいいかと思います。これからのトレンドでは、114円以上でロングはやりにくい気がします1-2日のトレードなら、113.45でロング、114.5で決済というのがあと1回ほど取れたらいいかなと思います。

 

結論!

今週中にあと一回、114.7付近まで上がってきたら逆張りでショートでエントリーしたいと思います。もしくは一度も114円を付けずに下がってきたら、113.4でロング。114円までの50-60PIPSを狙えるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
mako

mako

Fカレ総合プロデューサー/ FXトレーダー歴3年目 / 長期投資中心のスタイルです。日足、週足でエントリーすること多し。安全性高く、リスク管理を最優先。大きく勝つことよりも負けないトレードスタイルが特徴です。 よろしくお願いいたします。