おはようございます。Makoです。日本時間12月14日28時30分にFOMCによる米国政策金利の発表があり、1年ぶりに利上げが決まりました。

【速報】ドル円、FOMC発表を受けての動き

FOMC予想

2017年度の利上げ見通し3回(9月時点では2回)
2017年末のFF金利1.4%(9月時点の予想1.1%)
FF金利長期予想3.0%(9月時点の予想2.9%)
2016年GDP +1.9%(9月時点の予想 +1.8%)
2016年失業率4.7%(9月時点の予想4.8%)

となりました。2017年利上げが3回というのがサプライズでした。

ここでチャンスなのが、「ドル円の長期保有=スワップ狙い」です!

今後金利が上がっていくのならチャンスなのが、ドル円ロング保有の長期投資です。なぜなら金利が高くなるならドル円でも十分なスワップが狙える展開になるからです。

一般的に、先進国通貨=金利(スワップ)が低いが取引量が多く通貨の安全性が高い、資源国および新興国=金利(スワップ)が高いが通貨の安全性が低いという構図になっていました。しかしドル円が金利高いなら、スワップもそこそこ高く、通貨の安全性も高いという最強の状態になります。上記に記載のとおり、2017年末FF金利予想は、1.4%です。高金利通貨の代表格のオーストラリアが、1.75%なので、ほぼ遜色ないですね。この機会に米ドル円の長期投資を仕込み始めてみましょう。

証券口座でドル円のスワップが高いところはここだ!

*Fカレ調べ(12月15日時点)

ご覧の通り、各社ばらつきがあります。長期投資するならスワップが高い証券会社を使いたいですよね。その観点で行くと、GMOクリック証券がおすすめです。もしくはインヴァスト証券。

また、スワップは固定ではなく、日によって金額が上下します。ざーっと過去のスワップも見たのですが、この2社は比較的安定して高いレートをだしていたので、やはりこの2社がおすすめだと思います。自分でも早速長期用にドル円を仕込んでいく予定です。

長期投資のポイントは3つの分散

長期投資やるぞーってことで、全財産をドル円(117円)に突っ込むのは危険です。あくまでも投資額の一部を、ちょっとずつ投資していくことが大事です。ポイントは、①通貨の分散、②時期の分散、③価格の分散です。私はすでにトルコやNZなんかにも長期投資しているので、①は達成です。みなさんもドル円が魅力的とはいえ、長期投資の場合はほかの通貨も同時に持つことをお勧めいたします。②と③は毎月ドルコスト法で買っていくとか、〇〇円上下したら追加で買うなど自分のルールを決めましょうね。

The following two tabs change content below.
mako

mako

Fカレ総合プロデューサー/ FXトレーダー歴3年目 / 長期投資中心のスタイルです。日足、週足でエントリーすること多し。安全性高く、リスク管理を最優先。大きく勝つことよりも負けないトレードスタイルが特徴です。 よろしくお願いいたします。