このブログでは何度もトルコリラ円の長期投資について書いてきました。今回はトルコリラ円の価格について基本的な考え方をまとめていきます。

 

トルコリラ円は、円を直接トルコリラに両替しているのではありません!

まず、トルコリラ円というのは、ドル円÷ドルトルコであるということです。12月16日AM8時の時点だと、ドル円118.217円、ドルトルコは3.5015なので、

118.217÷3.5015をすると、33.762となります。この33.762がトルコリラ円の価格となります。

 

(きっちり33.762にならないのは、スプレッドのため)

今トルコリラ円が上がっているのは、トルコが好調なのではない!

このことから、トルコリラ円の価格が動くのは、実はトルコの経済状況や金融政策だけではなく、ドル円の動向にも大きく関与しています。ちょっと計算してみます。

例えば、トルコに大きな変化がなく、ドルトルコが3.5だった場合、

ドル円が120円なら、トルコリラ円は、34.28

ドル円が110円なら、トルコリラ円は、31.42

となります。

一方で、ドル円が120円で変動しなかった場合、

ドルトルコが、3.5リラなら、トルコリラ円は、34.28

ドルトルコが、4.5リラなら、トルコリラ円は、26.66

となります。

こうやって考えてみると、トルコの経済情勢が変わらなくても、ドル円がこのままドル高になればトルコリラ円も上昇はしていき、ドル安になれば自然とトルコリラ円も下落していくということがわかります。

なので、トルコリラ円の今後の展望を考えるときは、ドル円とドルトルコも一緒に考えていかなければなりません。

残念ながらトルコの経済・金融情勢及び政治情勢は引き続き芳しくなく、大きく成長していくこともまだかなり先のように感じるため、短期的には、ドル円の動きにトルコリラ円も相関しそうです。

直近は好調なトルコリラ円、今後は!?

ドル高があり、12月3日以降好調なトルコリラ円ですが、ドル高が止まった瞬間、暴落すると考えています。ドル円が10円暴落でトルコリラ円は3円近くのインパクトがあります。(ドルトルコが変動しない場合)

今のトランプラリーが調整局面に入り、ドル円110円~108円をつけると、トルコリラ円も30円~29円になる恐れがあるので、資金管理はしっかりしておきましょう!

The following two tabs change content below.
mako

mako

Fカレ総合プロデューサー/ FXトレーダー歴3年目 / 長期投資中心のスタイルです。日足、週足でエントリーすること多し。安全性高く、リスク管理を最優先。大きく勝つことよりも負けないトレードスタイルが特徴です。 よろしくお願いいたします。