2016年12月FOMCの日程と注目ポイント!

naoトレード日記

こんばんは。なをです^^

OPEC減産合意で熱くなっていた相場も、少し落ち着いてきたようです。

2週間後の12月13、14日、2016年最後の米国連邦公開市場委員会(FOMC)がありますね!みなさんが注目している「12月に利上げをするか」が、いよいよ明らかに!!

声明文発表時間:日本時間12月15日(木)午前4時

金利を上げる、金利を下げる

%e9%87%91%e8%9e%8d3

経済を良くしたり過熱感を抑えるために、金利をコントロールします。

金融緩和(利下げ)

景気が悪いので、市場にもっとお金が回るようにするために金利を下げる。企業も、支払利息が少ないので銀行から借り入れをしやすい。費用(利息)が少ないから、企業の利益も保たれる。

金融引締(利上げ)

景気が良くなってきたので金利を上げても(利息)企業はお金を借りてくれるだろう。また、景気が良くなるので住宅ローンの金利を引き上げても借りてくれるだろう。

※今回は利上げかどうかなので、アメリカ経済が良くなってきたという事なんですね(^o^)

12月利上げするかどうかの判定ポイント(市場予想、利上げ確率90%!)

FOMCのメンバーは何を「利上げ」の判断基準にしているのでしょうか。

①世界経済が安定しているか

中国の景気減速イギリスのEU離脱決定の影響はどれほど残っていると考えられているか

②雇用

FRBが示す「完全雇用」の状態は、失業率4.7~5.9%。これを下回るとインフレどころか景気が過熱する危険がある。しかし実際は、インフレ率は低迷。そして、賃金の伸びは弱い。これが、FOMCメンバーにどう捉えられているか。

利上げを決定するための重要指標

%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%a1%97

では、どんな指標を見ると利上げしてもいいと判断できるのでしょうか。

<ADP雇用者数>

非農業部門雇用者数の先行指標として注目されている。

11月30日(水)発表の11月ADP雇用者数は、予想17万人を大きく上回る21.6万人

<個人所得>

10月個人所得は予想 +0.3% → 結果 +0.6%

<個人消費支出(PCE)>

10月個人消費支出0.3%。個人支出が多いと収入が増え雇用も良好な事が多いとされる

※FOMCは9月の「力強く伸びている」、から、11月の「緩やかに伸びている」と、コメントに変化。

<コア・インフレ率>

(エネルギー・食品を除くコアCPIの前年比上昇率)が2%以上

10月のコア・インフレ率は、予想2.2%、結果2.1%

<消費者物価指数(ICPコア指数)>

インフレを測る最重要指数。10月は0.1%。

11月分は12月15日(木)22:30発表 ※FOMCの発表の後ですね

<非農業部門の雇用者増加数>

20万人を越える増加が続いていれば米景気は好調と判断される。

前回16.1万人。11月分は12月2日発表!予想値18.0万人・結果17.8万人。

その他に考えられる要因

%e7%b1%b3%e5%9c%b0%e5%9b%b32
  • OPEC減産合意でリスクオンが強まる → 利上げ?
  • トランプ政権が財政刺激策を実施すれば、FRBは想定以上のペースで利上げをするだろうという認識 → 利上げ?
  • 成長加速とインフレが続く見通しが持たれ始めている → 利上げ?
  • ドル高が加速すれば来年の利上げ見通しは慎重という意見も → 据置?

FOMCの前に、雇用統計!

利上げできるかどうかを見極める指標の中に「非農業部門の雇用者数」とありました。それが本日12月2日発表になります!

先行指標であるADP雇用者数も良かったので、非農業部門雇用者数も良さそうですね。

(追記:12月2日発表の非農業部門の雇用者数は「17.5万人」。予想値「18万人」とほぼ同じでした!)

 

そうすると、12月利上げの確率がまた少し上がるのかもしれません(*^_^*)

雇用統計についての詳しい時間はコチラに書いてあります♪→「12月2日アメリカ雇用統計は冬時間のため22時30分!

 

The following two tabs change content below.
nao

nao

なを@専業トレーダーの卵です。FXを始めて1年半。まだまだたくさん勉強する事があります・・・!/Fカレ主催者