移動平均線、netで検索してみると実に様々な情報を得る事が出来ます。

みなさん各々の考えをもって数値設定をされていますよね。

自分で興味をもち、取り入れてみたい、と思った数字を色々変えたりしながら自分のものにしていかれているかと思います。

また、通貨ペア毎に若干調整し変えていく、という方もいらっしゃいますね。

ここでは、具体的に設定の仕方を書く、というよりも移動平均線の考え方や捉え方を書いていきたいと思います。


相場環境を如実に表してくれるもの

チャートにはローソク足がまず表示されていますが、ローソク足だけの状態から一番最初に付け加える

相場の方向性を視覚的に分かり易くしてくれるものとして移動平均線を表示させます。

オシレーターみたいな要素も含まれていますね。

移動平均線の角度によって相場の勢いを知る事が出来ます。

勢いのあった一方方向に延びる線の角度が徐々に緩やかになってくると、相場では手じまいが徐々に増えてきている事を察する事が出来ますし、

横ばいになってくるとレンジを察する事も出来ます。

そして、移動平均線を1本ではなく複数本表示させる事で、大きな流れの中での今の小さな動きがどういった局面にあるのか、

またその相場の動きの意味も知る事が出来ます。


数値の設定

冒頭でも少し書きましたが、みなさん移動平均線の数値設定は本当に様々です。

なので、絶対的な数値はありません。

でも、比較的似た様な数値であることは確かです。

移動平均線がサポートラインになったり、レジスタンスラインにもなったりもしているので、みなさんとても重視しているかと思うのですが、

自分の設定している移動平均線の数値が絶対というわけでもないので、移動平均線はラインであるけれどその前後少し幅を持たせた太めの線(またはここら辺前後といったエリア)と捉える方がエントリーもイグジットもし易いかと思います。

(特にイグジットに関してです。私は何度も利確し損ねた事があります。設定していたイグジット迄あと1~2pipsといったところで気付いたら反転してしまっていた、なんてことが。。。)


損益分岐点

移動平均線がサポートラインやレジスタンスラインになっているという事は、エントリー/イグジットの注文がそこに集中している事を表しています。

移動平均線を境に損益が変わってきやすいのです。

“平均線”というだけあって、設定した期間の平均価格を示しています。

その平均価格よりもローソク足が上にあるのか(今の相場が強いのか)、下にあるのか(今の相場が弱いのか)、それを見るだけでも状況がより鮮明に見えてきます。

(行ったり来たりで方向性が見えてこないのがレンジです)

移動平均線が上向きの時には買いポジションを、下向きの時には売りポジションを建てていくと思うのですが、その真意というのがここにあるのがわかります。

上昇トレンドの時の移動平均線は右肩上がりです。その時、移動平均線より上のエリアにローソク足が入ったら買い、移動平均線を下抜けたら決済します。

下降トレンドの時の移動平均線は右肩下がりです。その時、移動平均線より下のエリアにローソク足が入ったら売り、移動平均線を上抜けたら決済します。

(ここでは基本的なシンプルな考え方のみを記載しています)

ma


まとめ

移動平均線は単に表示させるのではなく、

★現在の相場の方向を教えてくれるツール

★大きな流れの中から見えてくる現状把握

★損益分岐点

となりますので、しっかり着目していきましょう。

MACDも移動平均線を基に動いているインジケーターなので、それだけ移動平均線から得られる情報がある、という事ですね。

The following two tabs change content below.
lumi
これから先 気がつけば “人生の半分以上はFXの世界を楽しんできたな~” なーんて言えるトレーダーになれるよう日々精進して参ります! 宜しくお願い致します
lumi

最新記事 by lumi (全て見る)