ダウ理論

FXの基礎

ダウ理論とは・・・

リチャード・ダウが考えたテクニカル分析の元祖です。

もともと株式市場の分析方法として考えだされました。

『理論』という言葉から具体的なテクニカル手法とイメージしにくいかもしれませんが、プロや勝ち組トレーダーの人達の中にもダウ理論を分析に取り入れている人も多く、とても大切なテクニカルの一つです。

ダウ理論には6つの法則がありますが、その中でもFXにも共通する3つを書きていきたいと思います。

①3種類のトレンドがある

相場には『主要トレンド』、『二次トレンド』、『小トレンド』があります。

 ★主要トレンド

1年~数年にわたる長期的なサイクル

長期投資の人達は簡単にポジションを解消しません。

 ★二次トレンド

3週間~3ヶ月にわたる中期的なサイクル

中期投資の人達が長期トレンドの押し目を作っていきます。

 ★小トレンド

3週間未満の短期的なサイクル

短期投資の人達が中期トレンドの押し目を作っていきます。

⇒これらの事から、大きな流れが強い、という所以がわかりますね。

②トレンドは出来高でも確認されなければならない

株と違ってFXには出来高はありませんが、FXではオシレーターがそれと同様の働きをしています。

ダウは、トレンドの状態を判断する材料としてオシレーターも重視しています。

⇒オシレーターがトレンドと同じ方向を向いていると、そのトレンドを信頼する事が出来ます。

これは、トレンドに沿ったポジションを持つ人が大勢を占める、という考えが基となっています。

③明確な転換シグナルが発生するまで、トレンドは継続する

ダウは一度トレンドが発生すると『明確な転換シグナル』が発生するまで持続する、といわれています。

では、その明確な転換シグナルとは・・・

①上昇トレンド:前回の高値・安値の上方への更新が無くなった時(ローソク足が反対方向へ下降してきた時)

下降トレンド:前回の高値・安値の下方への更新が無くなった時(ローソク足が反対方向へ上昇してきた時)

②上記の①を確認できてから、オシレーターの逆行現象(ダイバージェンス)が揃うと、トレンド転換シグナル、となっていきます。

決してオシレーターの反応だけでなく、ローソク足の高安値の値崩れがあってこそのトレンド転換シグナルになってきます。

⇒オシレーターは、ダウの様なトレンド系の指標と組み合わせて使う事で、相場の環境認識がしやすくなります。

※シグナルは『転換点』ではないので注意しましょう。

  “そろそろトレンドが転換しますよ~”、的な あくまで信号の役割になってきますので

  保有ポジションの決済や、新規ポジションを立てる為の準備をする時に活かしていきましょう。

dau

まとめ

ダウはローソク足を見ていきます。

ローソク足があって、移動平均線がつくられていきます。

ローソク足や移動平均線の様なトレンド指標があってオシレーターも動きます。

ね、とても大切な基礎ですよね。

ぜひ一緒に理解を深めて、良いトレードに結び付けて行けるように勉強していきましょう!

The following two tabs change content below.
lumi
これから先 気がつけば “人生の半分以上はFXの世界を楽しんできたな~” なーんて言えるトレーダーになれるよう日々精進して参ります! 宜しくお願い致します
lumi

最新記事 by lumi (全て見る)