Makoです。おはようございます!遅くなりましたが先週の米国雇用統計発表時にFカレメンバーで開催した勉強会についてレポートしまーす。

今回は少人数。3人で勉強。@渋谷

金曜日、仕事終えて19時半から渋谷のジンナンカフェで勉強会スタート!

%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%b3

今回の勉強会は人数少なったこともあり、会議室はとらずカフェでカジュアルに勉強会スタート。Fカレメンバー(めぐさん、はやしさん)と久しぶり(約1か月ぶり!?)にお会いしましたよ。まずはそれぞれの近況報告。1か月の間に皆さんトレードしたりセミナーに参加されたりと日々FXと向き合っていらっしゃったご様子。FXに対する真剣な姿勢が嬉しかったです。

どんな時も話題に出る「損切り論」

FXを肴に食事もアルコールも進んできて話が盛り上がっていきます。やっぱりFXの話してる時って楽しい!知らないことを知れたり、「こんな失敗私だけかな?」と思っていたら、案外みんな経験していたり・・・なんてことが共有できたりすると、盛り上がりますね!

そんな中、一番深い話になるのは、「損切り」についてのような気がします。損切り・・・ロスカット・・・逆指値・・・だれもがやっぱり損をしたくないという気持ちになりますよね。一方で損切りをしないとFXでは継続的に勝てないということも頭ではわかっているんです。しかしなかなか行動に繋がらない・・・。そんな苦悩を誰もが持っているようです。私自身もFXトレード履歴2年の中で損切りできなくて痛い目にあったことは何度もあります。何度もあるのに、それでもなかなか損切りが自分の中に定着しなかった。てここ数か月ようやく、腹落ちして損切り設定できるようになりました。それからようやくメンタルが安定してトレードできるようになった気がするな~。

損切りって、ただ単純に、「エントリーしたらストップロス設定入れればいいだけでしょ?」「本やセミナーでも損切り大事って言ってるからやった方がいいんだよね?」っていう軽い感じの認識だと、最初の頃はできても継続できないと思うんです。自分に定着しない。私は、損切りを自分に定着させるために、FXに回す資金の性質(余裕資金)や獲得したい月間利益の目安、自分のトレードの癖、などいろんなことを一つ一つ自分に納得させて、そういう検証とルールを積み上げていって、これくらいなら負けてもいい(=損ぎってもいい)ってのを固めました。まあこの話はまた今度別の機会に書きたいと思います。

自分の学びをアウトプットし、双方向で学びあえる仲間たち

今回、参加者のメグさんが、セミナーで学んだ資料をコピーしてみんなに持ってきてくださいました。いやー、うれしかったです。こうやって勉強会に参加される方々から「こんなのあったよ!」「この資料勉強になるよー」と自然発生的にアウトプットが出てくる関係って素晴らしいなって思います。本やFX会社のセミナーって一方通行の学びですよね・・・。でもFカレは参加者が皆先生にも生徒にもなれる関係でありたいなーと思っています。最初は自分の考えやトレードの話をするの、恥ずかしいかもしれませんが、思い切ってアウトプットしていってほしいと思います。

img_5627

雇用統計の結果

雇用統計の結果は、ご存知の通り市場予測より悪くなり、発表直後は下がったのですが、途中から巻き返し、その日は陽線で終えました。

%e9%9b%87%e7%94%a8%e7%b5%b1%e8%a8%88%e7%b5%90%e6%9e%9c

(引用:Yahooファイナンス)

発表前後は今回もみんなでトレードしました。私個人は、発表直後の値動き見て、ショートで入り、10PIPSだけゲット。今回の発表は今後の利上げ判断につながる重要な内容だったと思います。過去を振り返ると、7,8月の発表はいずれも好調でした。その勢いを継続するような見方もあったと思います。一方で9月発表の過去5年間は、いずれも市場予測を下回る数値だったというアノマリーもあり、個人的にはすごく迷っていました。だれにも言わなかったですが、実はあの時発表直前に103.5で両建てしようかなーと本気で思っていたんです。自信がなくてやりませんでしたけどねw

%e9%9b%87%e7%94%a8%e7%b5%b1%e8%a8%88

10PIPS利確したのちに、大きく上昇しましたが、そのころは傍観状態w

今回の雇用統計で学んだこと!予測力より対応力

雇用統計をはじめとするイベントトレードは、実は苦手意識があるんです。ワクワクし、数分で大きく稼ぐことも可能なんですが、そういう状態の相場を目の当たりにすると、欲が出すぎて冷静さを失ってる自分がいるんですよね。その時の自分があまり好きではないんです。でも発表時にチャートが見れるときはたまにエントリーします。その際に大事なこと・・・。発表前に予測でエントリーするのではなく、発表後に動いた方向にトレンドフォローの形でエントリーする!これを心がけています。まあいわば後出しジャンケンの形です。そして違和感があればささっと相場から逃げる。つまり対応力を発揮するようにしています。まさに予測力より対応力を高めるトレーニングのようです。

いろんな指数発表の中でも雇用統計は、上下に動くので対応力は鍛えられます。(ポンドやNZなどは、わりと一方に動くだけなので易しいのですが、米国雇用統計はむつかしいですよね)

ということで今回もしっかり勉強した雇用統計でした。来月も開催する予定です!

 

The following two tabs change content below.
mako

mako

Fカレ総合プロデューサー/ FXトレーダー歴3年目 / 長期投資中心のスタイルです。日足、週足でエントリーすること多し。安全性高く、リスク管理を最優先。大きく勝つことよりも負けないトレードスタイルが特徴です。 よろしくお願いいたします。