FXの取引をする時に必要なコストには以下のようなものがあります。

 

≪売買手数料≫

無料の証券会社が多くなってはいますが、無料ではない会社もあります。

 

≪スプレッド≫

売値と買値には差がありますね。この差の事をスプレッドと言います。投資家が支払うコストであり、証券会社からすると利益になります。そう考えるとスプレッドが狭い方が、投資家にとっては支払うコストが少ないという事になりますね。

 

≪手数料≫

国内の会社ではほとんどないのですが、海外の会社ではスプレットとは別に、1レートごとに手数料を徴収する会社もあるようです。

 

≪証拠金≫

口座を開いたら入金しますね。そのお金が証拠金です。証拠金を担保にFXの取引ができますが、取引通貨や証券会社により取引に必要な証拠金が違ってきます。

 

≪税金≫

年間で20万円以上の利益が出た場合には、そこに税金がかかってきます。国内口座と海外口座では税率やしくみも違いますので、どの口座で始めるか、よく考えてから決めましょう。

The following two tabs change content below.
nao

nao

なを@専業トレーダーの卵です。FXを始めて1年半。まだまだたくさん勉強する事があります・・・!/Fカレ主催者